HOME  <  ハンドルおおさか

ハンドルおおさか

ハイヤー・タクシー・観光バス労働者の新聞

過去のトピックスのトップへ

月別バックナンバー

2019年05月の記事

「おおさか総がかり集会」に2万人
2019/05/15

「おおさか総がかり集会」に2万人 集会に駆けつけた日本共産党、立憲民主党、社会民主党の代表ら

維新にリベンジを


 日本国憲法の施行から72年を迎えた5月3日、「輝け憲法!平和といのちと人権を!おおさか総がかり集会」(実行委員会主催)が大阪市北区の扇町公園で開かれ、2万人が集結しました。

 主催者を代表してあいさつを行なった大阪憲法会議・丹羽(にわ)徹幹事長は「この1週間ほど天皇の代替わり、改元フィーバーが演じられている。新元号の発表直後に安倍首相が異例の記者会見(4月1日)をし、(同9日には)新紙幣の発表、つまり“改券”でマスコミを動員して祝賀ムードをつくりだしている。東京オリンピックとあわせて“何かいいことがあるぞ”という雰囲気の中で改憲ムードづくりがいっそう進む」「この夏には参議院選挙がある。改憲勢力が3分の2を占める結果となれば、改憲への動きが強まる」と危機感を示し、「この動きを絶対止める」「安倍改憲阻止をぜひ実現したい」と力を込めました。

たたかいは大詰め

 新自由主義批判で知られる経済学者・二宮厚美氏(神戸大学名誉教授)がゲストスピーチ。「2年前の安倍改憲メッセージ(2020年に憲法改正を実現する)は挫折しつつある。野球にたとえると護憲派が8対2でリードして9回裏を迎えようとしている」「改憲派は参院選で3分の2以上を占めないと改憲発議できない。野党共闘がこのまま進行し、1人区で統一候補を立てることに成功すれば、改憲派の野望は打ち砕くことができる」と強調。「もう延長戦はできない、安倍改憲はつぶれる、つぶれた瞬間に安倍政権は退陣」「この夏を期して世の中は大きく変わりうる」との展望を示しました。
 さらに二宮氏は日本維新の会について「改憲の補完勢力どころかリード勢力になろうとしている」と指摘し、参院選で「私たちは4月のダブル選挙のリベンジを果たすことができる」「日本も大阪も新しい時代の第一歩に」と締めくくりました。
 立憲民主党、日本共産党、社会民主党の代表が登壇。立憲民主党の辻元清美衆院議員は「32の1人区は必ず一本化をいたします。皆さんにお約束をしたい」と宣言しました。

第90回大阪メーデー
2019/05/15

第90回大阪メーデー 「ソフトバンク・楽天は公共交通を破壊するな」と横断幕でアピールする自交総連のなかま

労働者の権利守れ


 「8時間働けば普通に暮らせる社会」の実現めざして第90回大阪メーデーが5月1日に開かれ、会場の扇町公園(大阪市北区)に3500人、府下各地15か所の地区メーデーを合わせて7千人が集結しました。

 実行委員長あいさつを行なった大阪労連・菅義人議長は「安倍政権は憲法改悪策動を強め、戦争する国づくりを進めながら“働き方改革”の名で労働者保護法制を破壊し、大企業本位の経済政策に従属させようとしている」「大阪では維新がすでに否決された大阪都構想を蒸し返し、万博を隠れ蓑にカジノ誘致を進めようとしている」と指摘。「7月の参議院選挙では市民と野党の共闘を拡げ、安倍政権と維新勢力を退場に追い込む確かな流れをつくり出さねばならない」と訴えました。
 副実行委員長の大阪自治労連・荒田功委員長は、「労働者の権利は、政府や大企業が与えてくれたものではない。産業革命以来、250年にもわたり労働者がたたかい勝ち取った成果だ。しかし、いまもなお“儲かりさえすればいい”という新自由主義のもとで多くの労働者が酷使されている。大企業と一体となって労働法制を改悪する安倍政権に対し、満身の怒りをもって“8時間働けば普通に暮らせる社会をつくれ”と声をあげ続けよう」と呼びかけました。