HOME  <  ハンドルおおさか

ハンドルおおさか

ハイヤー・タクシー・観光バス労働者の新聞

過去のトピックスのトップへ

月別バックナンバー

2023.10

2023.09

2023.08

2023.07

2023.06

2023.04


2023.03

2022.12

2022.11

2022.09

2022.08

2022.07


2022.06

2022.05

2022.04

2022.03

2022.02

2022.01


2021.12

2021.10

2021.09

2021.08

2021.07

2021.06


2021.05

2021.04

2021.03

2021.02

2021.01

2020.12


2020.11

2020.10

2020.09

2020.08

2020.07

2020.06


2020.05

2020.04

2020.03

2020.02

2020.01

2019.12


2019.11

2019.10

2019.09

2019.08

2019.07

2019.06


2019.05

2019.04

2019.03

2019.02

2019.01

2018.12


2018.11

2018.10

2018.09

2018.08

2018.07

2018.06


2018.05

2018.04

2018.03

2018.02

2017.12

2017.11


2017.10

2017.09

2017.08

2017.07

2017.06

2017.05


2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

2016.12

2016.11


2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05


2016.04

2016.03

2016.01

2015.12

2015.11

2015.10


2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04


2015.03

2015.02

2015.01

2014.12

2014.11

2014.09


2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03


2014.02

2014.01

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09


2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03


2013.02

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08


2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02


2012.01

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08


2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02


2011.01

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08


2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02


2010.01

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08


2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02


2009.01

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08


2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02


2007.12

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06


2007.05

2007.04

2007.03

2006.09

2006.08

2021年08月の記事

本流逆流(8月25日付コラムより)
2021/08/25

 やんごとなき人々のメンツと利権のためだけに強行された東京五輪が閉幕し、やっぱり感染爆発した。
 医療が崩壊し、入院すべき人々が自宅に放置された結果、悲惨なニュースが相次いでいる。東京都内で親子3人が全員感染し、自宅療養していた40代の母親が死亡した。母親には糖尿病の基礎疾患があったという。千葉県柏市では自宅療養中の30代妊婦が、体調の急変で救急車を呼んだものの搬送先が見つからずに自宅で早産、赤ちゃんが死亡した。
 検査が足りない。病棟が足りない。緊急対策と予算措置を協議するための国会を開けと野党が求めても政府・与党が応じない。維新も開けと言わない。憲法53条は、衆参両院いずれかの総議員の4分の1以上の要求があれば「内閣は召集を決定しなければならない」としている。
 積極的検査による感染者のあぶり出しや緊急病棟の建設を行えば実相が可視化され政権支持率に響く。感染抑止に成功した諸外国にならって検査無償化や補償込みのロックダウンに踏み切れば“何で最初からそうしなかったのか”となる。だから何もしない。いわゆる“謝ったら死ぬ病”である。人々が命を落とすのを横目に集団免疫ができるのを待っている。
 既存株より感染しやすくワクチンの効果も落ちるとされるラムダ株が羽田空港で東京五輪関係者から検出された。検出されたのは7月20日だが厚労省は8月6日に報道機関から問い合わせがあるまで公表しなかった。五輪のために隠蔽したとしか思えない。
 ワクチン未接種の基礎疾患持ちにとって、いまや外出はロシアンルーレットである。同じ国に住む者として政府・与党の良心に訴え、施策を要請する段階はとうに過ぎた。自分の命を守るために政権を倒さなければならない──いまの日本はそういう国だ。

本流逆流(8月5日付コラムより)
2021/08/05

 金メダルラッシュに沸く東京五輪の報道がつづく、その合間にコロナ感染症の拡大が続いていることも流れるが、ついに東京は3000人の大台を突破した。
 ど素人の私でも予想していた展開だが、日本のトップ菅首相のコメントは相も変わらず危機感のない論調だ。それに触発されるように国民の行動に歯止めがかからず、「緊急事態宣言」はもはや全く意味をなしていない。
 感染が急拡大する状況の下、ワクチン接種もままならない私たちの仲間は、感染のリスクに晒されながら昼夜を問わず東京五輪の関係者らを輸送する業務についている。こうした状況下に置かれた現場労働者から、当然のように感染者が出始めている。政治、行政に振り回され何時の世も犠牲になるのは弱い立場の人。
 自交本部と東京地連が改善を求める「声明」を出しテレビでも大きく取り上げられ、国交省交渉でも抗議した。政府を忖度し紙切れ一枚でタクシーを「なんちゃってハイヤー」に変えた国交省の通達行政には開いた口が塞がらない。
 世間ずれした菅首相と目立ちたがりの吉村大阪府知事。金メダルより、ご立派な二人のリーダーによる犠牲者が増えないことを祈る日々が続く。

「全国一律時給1500円以上」スタンディングアピール
2021/08/05

「全国一律時給1500円以上」スタンディングアピール 要求を書いた「ひとことカード」や横断幕などを掲げて「最賃を全国一律、1500円以上に」とアピールする大阪労連のなかま(7月26日、大阪市中央区で)

人間らしく働き暮らせる最賃に


 今年度の大阪府最低賃金について審議する大阪地方最低賃金審議会の総会が開かれた7月26日、会場(大阪合同庁舎4号館)前での宣伝行動に大阪労連が取り組み、52人が参加。自交総連大阪地連のなかまも猛暑の中、「コロナ禍だからこそ大幅引き上げを」「全国一律、時給1500円以上に」などとアピールしました。
 アピールのマイクを握った大阪労連・菅(かん)義人議長は「全国どこでも8時間働いてまともに暮らすためには時間当たり1500円は必要」「昨年、最賃引き上げが見送られた結果、苦しんだのはコロナの中で最賃近傍で働く労働者だ」と訴えるとともに、「中小企業の皆さんが、最低賃金を引き上げても事業が成り立つように、そのための対策を国として、大阪府としてどうするのか、このことも大きく問われている」と強調しました。