HOME  <  ハンドルおおさか

ハンドルおおさか

ハイヤー・タクシー・観光バス労働者の新聞

過去のトピックスのトップへ

月別バックナンバー

2023.10

2023.09

2023.08

2023.07

2023.06

2023.04


2023.03

2022.12

2022.11

2022.09

2022.08

2022.07


2022.06

2022.05

2022.04

2022.03

2022.02

2022.01


2021.12

2021.10

2021.09

2021.08

2021.07

2021.06


2021.05

2021.04

2021.03

2021.02

2021.01

2020.12


2020.11

2020.10

2020.09

2020.08

2020.07

2020.06


2020.05

2020.04

2020.03

2020.02

2020.01

2019.12


2019.11

2019.10

2019.09

2019.08

2019.07

2019.06


2019.05

2019.04

2019.03

2019.02

2019.01

2018.12


2018.11

2018.10

2018.09

2018.08

2018.07

2018.06


2018.05

2018.04

2018.03

2018.02

2017.12

2017.11


2017.10

2017.09

2017.08

2017.07

2017.06

2017.05


2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

2016.12

2016.11


2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05


2016.04

2016.03

2016.01

2015.12

2015.11

2015.10


2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04


2015.03

2015.02

2015.01

2014.12

2014.11

2014.09


2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03


2014.02

2014.01

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09


2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03


2013.02

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08


2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02


2012.01

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08


2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02


2011.01

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08


2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02


2010.01

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08


2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02


2009.01

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08


2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02


2007.12

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06


2007.05

2007.04

2007.03

2006.09

2006.08

2021年02月の記事

大阪労連・大阪春闘共闘 春闘学習決起集会ひらく
2021/02/25

大阪労連・大阪春闘共闘 春闘学習決起集会ひらく 団結ガンバロー三唱で集会を締めくくる大阪労連のなかま

労働者はモノじゃない!!
差別なくし公正な社会へ


 大阪労連(菅義人議長)・大阪春闘共闘は2月17日、「春闘学習決起集会」を国労大阪会館(大阪市北区)で開き、51人が参加しました。
 「格差をなくし、8時間働けば誰もが人間らしくくらせる公正な社会へ転換せまる21国民春闘」「コロナ禍 労働組合で元気に声を上げ変えよう!」と題して講義を行なった全労連・前田博史副議長は、経団連・経労委報告21年版の中の「リーマンショック時に比べ、失業率は低水準」との記述に触れ、「多くの非正規労働者が首を切られている。財界の意向で非正規化が進められてきたわけだが、実態を見ようとせずに“失業率が上がってないからまだ日本は大丈夫だ”と。バカにするなといいたい」と語気を強めました。
 行動提起を行なった大阪労連・嘉満智子事務局長は「いま非正規労働者に“雇用の調整弁”としてコロナ禍の痛みが押しつけられている。非正規労働者は“物”ではない。差別の実態を可視化してたたかっていくことが求められている」と訴えました。

本流逆流(2月5日付コラムより)
2021/02/05

 緊急事態宣言が出され、夜の街は閑散として22時以降は人が歩いていない。電車にも人が乗っていない。実際に22時台にお客さんを乗せて次は3時まで粘るも1回も乗せることが出来ずに時間切れで入庫といったことも珍しくなく、まさに夜は地獄だ。
 昨年は、安倍政権の無能ぶりをいやというほど思い知らされたが、今年は菅首相に泣かされっぱなしだ。国民の生活や命よりも自民党重鎮の顔色を優先しているようでは、この国の政治は終わっている。
 そして、連日テレビに出まくって“やってる感”アピールに精を出す東西の首長。東京の小池都知事もそうだが、やっぱり維新・吉村大阪府知事は酷い。いつもチヤホヤされているからか、記者会見の時の顔が半笑いを浮かべ悦に浸っているようにしか見えない。
 1月4日には「感染拡大は抑えられている」と強気の姿勢を見せていたが、3日後には新規感染者が600人を超え、慌てふためいている。そもそも維新がコロナ対策よりも都構想の住民投票を優先した結果だ。都構想が頓挫すると間髪入れずに条例で大阪市の財源をむしり取ろうとする。テレビに出る暇があったら本来の仕事をしろと言いたい。

大阪労連「2021年国民春闘勝利!怒りの労働者総行動」
2021/02/05

大阪労連「2021年国民春闘勝利!怒りの労働者総行動」 要請・宣伝行動出発前に開かれた「意思統一集会」であいさつする大阪労連・菅(かん)議長(国労大阪会館で)

萎縮せず声あげよう


 大阪労連(菅(かん)義人議長)と大阪春闘共闘委員会は1月28日、「2021年国民春闘」の実質的な皮切りとして「怒りの労働者総行動」に取り組み、大阪府下各地で宣伝、要請、デモなどを展開。全体でのべ250人が参加して「コロナ対策を拡充し、命・暮らし・雇用・営業を守ろう」とアピールしました。

 大阪労連は「2021年国民春闘」で月額2万5千円、時間給150円以上の賃上げ要求を掲げています。
 コロナ禍でも全国の大企業(資本金100億円以上)は内部留保を10兆円(2.6%)増やし475兆161億円に、大阪に本社を置く大企業も1兆809億円増やして42兆8526億円をため込んでいます。
 一方で大阪の雇用状況は悪化し、完全失業者は18万7千人。前年同期に比べ4万9千人も増えています。
 コロナ禍を乗り越えて経済を回復させるためには、大企業がため込んだ内部留保を活用し、雇用の安定と賃金の大幅引き上げ・底上げ、そして下請け企業を支え、社会的責任を果たすことが求められています。
 正社員・従業員の月額2万5千円の賃上げには、1.74%の内部留保の活用で実現できます。さらに賃上げの経済効果で2万4千人の雇用を生み出すことができます。
 また、全労働者における非正規雇用の割合は高止まりしており、コロナ禍のもとで真っ先に雇い止めされているのが非正規労働者です。大企業が率先して雇用の無期転換ルールの活用や、派遣労働者を直接雇用に切り替えるなど、雇用の安定をすすめるべきです。

医療従事者足りない

 1月28日の「怒りの労働者総行動」は難波・天王寺両駅頭での早朝宣伝からスタート。難波で宣伝のマイクを握った大阪医療労働組合連合会(大阪医労連)・前原書記長は、「民間病院がきちんとコロナ感染者を受け入れたら医療逼迫(ひっぱく)は起こらないといわれているがこれは違う。実際にはコロナ受け入れ病院で受け入れられなくなった救急患者を民間病院が受け入れている」「民間病院はコロナ患者を受け入れられる態勢にない。医師、看護師の養成数が国策で減らされ、医療従事者が足りない」と指摘。
 さらに同書記長は「大阪府からの補助金が橋下府政時代に廃止された千里救命救急センターでは、賃金・労働条件の引き下げが迫られている。これでは医療従事者は働き続けることができない」と強調し、「医療・介護事業に予算を多くつけるべき。そして、いますぐにでも従事者を多く増やせるように制度を改善すべきだ」と訴えました。

大きな怒りをもって

 早朝宣伝に続いて本行動出発前の「意思統一集会」が国労大阪会館(大阪市北区)で開かれました。
 あいさつを行なった大阪労連・菅(かん)議長は、コロナ対策をなおざりにGoToキャンペーンに固執する菅(すが)政権、住民投票で示された民意を広域行政一元化条例で無効化しようと企む大阪維新に「大きな怒りをもってたたかっていきたい」と述べ、「行動自粛が必要な場面はあるが、萎縮する必要はない」「コロナの中だからこそ声をあげなければ変わらない、変えていくんだという春闘にしていこう」と呼びかけました。
 集会が終わると参加者は要請行動と宣伝行動に出発。自交大阪のなかまは大阪市内で宣伝カーを運行しました。