HOME  <  タクシートピックス

タクシートピックス

更新情報・ニュース

過去のタクシートピックスのトップへ

月別バックナンバー

2018年04月の記事

CREW体験乗車記〈自交本部・東京地連〉
2018/04/25

謝礼という名の相対運賃


 東京の渋谷・六本木エリアで利便性と低価格を売りに利用者を増やし続けている白タクアプリ・CREW(クルー)。3月某日に自交総連本部のなかまと東京地連のなかまがCREWに体験乗車し、運転者との対話を試みました。自交本部がまとめた乗車報告を紹介します。(参照=自交本部「自交労働者情報」4月17日付、運転者の特定につながる情報は省略・修正)

 事前にCREWのアプリをスマホにダウンロードし、氏名、メールアドレス、クレジットカードの登録を済ませると、六本木エリアの某所でアプリを起動。画面上の地図に現在地がマークされていて「ここから乗車する」をタップ、次いで目的地も地図で指定。「近くに車がいます」との表示(この時は1台のみ)が出たのでタップするとマッチングされ、「あと10分で到着します」との表示に。アプリの地図上をアイコン(選んだ車の写真、ナンバーも表示)が移動してきて、10分ほどで到着。CREWの車ですか?と確認して乗車しました。

謝礼の相場は1分50円

 30代と思われるドライバー・Aさんが「後ろの席が狭くてすいません」とていねいな物腰であいさつし、スマホを見ながら「(目的地は)○○○○でいいですか」と確認。改めてカーナビに目的地をセットしてから出発しました。Aさんは私たちの問いかけに対して次のように話しました(大要)。
 「CREWを利用するのはほとんど若い人で、女性が7割くらい。口コミで広がっているみたいです」
 「昼間は仕事をしています。仕事の始まるのが昼からなので、夜にCREWの運転をしています。今日は3時までやるつもり」
 「謝礼をドライバーから要求したり、いくらが良いとか金額を言ってはいけないことになってます。運営さんから強くそう言われているんです」
 「任意だからいくらでもいいんですが、ほんのちょっとの距離で1200円もらって喜んでた人がいました。相場は、まあ1分50円くらいですかね」。
 「謝礼が少なくて、ドライバーからの評価を★1つにした人とは、もう次からは私の車とはマッチングされない仕組みになってるんです」

利用者も評価される

 移動時間20分ほどで目的地に到着すると、Aさんは自分のスマホを操作して到着を入力。すると、連動してこちら側のスマホに精算画面が出てきました。ドライバーの対応は丁寧か、会話は楽しいか、運転は丁寧か、車両は清潔か、など個別に評価をチェックしてから、全体で★5段階で評価をします。今回は★5つの最高評価を入れました。
 次に「謝礼」を支払う表示があり、画面上のバーをスライドすると、0円から100円単位で無段階に「謝礼」額が表示されます。今回は2千円台で止めました。画面上には、「謝礼」を含めた決済金額の合計が表示されます。
 決済額の内訳は「謝礼」+ガソリン代+「マッチング手数料」(20円/1ドライブ)+「安心安全保証料」(20円/分)。「謝礼」以外の実費の合計は500円台でした。「謝礼」を含めた総額から初登録特典として1000円値引きされていました。
 こちらがつけた評価はドライバーのスマホにすぐ表示されるようで、「高い評価をしてもらってありがとうございます、私の方も★5つにしておきます」と言われました。
 CREWは「謝礼」について「支払いの有無及び金額ともに任意」としていますが、この乗車記からもわかるように「謝礼」支払いを促しているのは明らかです。そもそも「謝礼」がなければ運転者にとってはメリットがなく、運転者が集まらなければCREWは成り立ちません。経産省がいう「グレーゾーン」どころか真っ黒の白タクアプリと呼ばざるを得ません。(編集部)

自家用車への謝礼の範囲を明確化する国交省通達
2018/04/25

CREWの違法性示唆


 国土交通省は3月30日、自家用車を使った運送で利用者が支払う謝礼の範囲を明確化する通達を出しました。notteco(のってこ)※1やCREW(クルー)※2など、ウェブやスマホアプリで運転者と利用者をマッチングする事業形態が現れるなかで、白タク合法化を狙う規制改革推進会議などから、〈道路運送法における許可や登録を要しない運送〉の明確化、〈収受できる謝礼の範囲〉の明確化を求められていたことに対応したものです。
 (自交総連本部「自交労働者情報」4月17日付)


 通達では、許可や登録が不要な場合を4つの類型に区分しています。
 (1)利用者からの給付が「好意に対する任意の謝礼」と認められる場合。運送行為の実施者の側から対価の支払いを求めた、事前に対価の支払いが合意されていた、などの事実がなく、あくまでも自発的に、謝礼の趣旨で金銭等が支払われた場合。
 (2)利用者からの給付が、金銭的な価値の換算が困難な財物などでなされる場合。
 (3)利用者が、特定費用(ガソリン代、道路通行料、駐車場料金)を負担する場合。
 (4)市町村が公費で負担するなど利用者は対価を負担していない場合。

 (1)についてはCREWなどが問題になりますが、「以下の場合には、自発的な謝礼の趣旨の支払とはいえず、許可又は登録を要する」とし、「仲介者が、ウェブサイト等で、謝礼の誘引文言を表示し又は謝礼の有無・金額によって利用者を評価すること等により、謝礼の支払を促す場合」「仲介者が、ウェブサイト等で、利用者に対し謝礼の決定を経由しなければガソリン代、道路通行料の決済ができない仕組みを提供する場合」を例にあげています。CREWがスマホアプリで謝礼を誘引していることは違法とも読みとれますが、CREWは営業を継続しており、アプリの手直しなどで規制を回避しようとする可能性もあります。
 (3)についてはnottecoなどが問題になりますが、利用者が負担できる費用を「特定費用」としてガソリン代、道路通行料、駐車場料金に限定し、それ以外の人件費、車両償却費、保険料等は費用には該当しないとしています。また、仲介手数料が運転者に流れることを禁止し、「名目のいかんを問わず仲介手数料の一部を運転者に支払うことにより、運転者が特定費用(ガソリン代、道路通行料及び駐車場料金)及び自発的な謝礼を超える金銭等を収受する場合は、道路運送法違反となる」としています。
 ※1 notteco=長距離移動が対象。運転者が移動の予定をアップし、同じ方向に移動したい人が利用。ガソリン代・道路通行料などの実費を運転者と利用者が折半する。サービスが浸透するまで手数料は無料としている。
 ※2 CREW=近〜中距離移動が対象。利用者が行き先を指定する。決済料金の内訳は、ガソリン代・道路通行料などの実費と、「マッチング手数料及び安心安全保証料」。それらに加えて運転者への「謝礼」の有無や金額を利用者が設定。

白タクノー! 規制緩和許さない
2018/04/16

白タクノー! 規制緩和許さない 白タク阻止に向け乗務員に呼びかける組合員(新大阪駅)

根底から壊れる公共交通


 大阪地連(福井勇委員長)は4月3日午前、新大阪駅を皮切りに、守口市駅・大日駅・寝屋川市駅・枚方市駅で白タク合法化阻止の市民宣伝に取り組みました。
 新大阪駅でマイクを握った福井委員長は「白タク合法化を推し進めようとしている三木谷氏を代表とする新経済連盟は、今までタクシー業界が長きに渡って築き上げてきた安心安全なタクシーを自らの儲けのために根底から壊そうとしている」と推進派の姿勢を厳しく指弾し、「安全問題に関わる分野をこれ以上規制緩和すると、軽井沢バス転落事故のように最終的に利用者・国民が多大な犠牲を払うことになる」と警鐘を鳴らしました。
 続いて吉田副委員長は滋賀県大津市の越直美市長が突然、特区を活用し自家用有償運送を推し進めると表明したことに触れ、「安易に自家用有償運送を進めていくと、地域のタクシーだけでなくバス路線も大きく影響を受け、過疎地や交通空白地の地域公共交通が根底から壊れることになる。タクシーだけでなくバス業界とも連携し運動を進めなければならない」と述べ、支援を呼びかけました。

厚労省2017年「賃金センサス」
2018/04/16

タクシー乱高下


 厚生労働省が2月28日に公表した「平成29年(2017年、以後西暦で表記)賃金構造基本統計調査(賃金センサス)」の調査結果から、大阪府の男性タクシー運転者の年間賃金を推計すると346万4700円となり、前回より21万6600円もの減となりました。

 賃金センサスとは、主要産業労働者の職種・性別・年齢などの属性別にみた賃金の実態を、地域・産業・企業規模別に明らかにするために、毎年6月度の月間給与額と、前年の年間賞与額を調査するものです。
 今回調査に抽出された大阪府のタクシー運転者(男)は5760人(前年は11610人)、平均年齢は60.0歳(同57.8歳)。2017年6月度給与額の平均は26万7700円で前年同月比31300円減。前年1年間に支払われた賞与の平均は25万2300円で前々年比15万9000円(月あたり13250円)増でした。

6月度給与
3万円減


 年間賃金を〔6月度給与×12+前年賞与〕で推計すると346万4700円となり、大阪府の全産業(男)平均589万6700円と較べると格差は243万2千円となっています。
 前回の年間賃金推計額からは21万6600円(月18050円)減という結果になりました。なお、2015年から16年にかけては47万6200円(月4万円弱)増えており、前出・全産業の15〜16年57600円増、16〜17年10000円増に較べて明らかに異常な乱高下を示しています。
 大阪タクシー協会が公表している輸送実績では稼働率下落が止まらず営業収入の前年同月比増が続いている中で、6月度給与が前年比3万円もの減というのも腑に落ちません。
 賃金センサスは地域協議会などタクシー適正化・活性化の議論で参考にされる重要な資料です。調査対象の抽出方法に問題はないのか検証が必要です。

第31回自交労働学校 道交法闘争を学習
2018/04/05

第31回自交労働学校 道交法闘争を学習 道交法闘争について講義する矢部誠さん(3月27日、自交会館で)

なかまを守り、増やそう


 自交総連大阪地連(福井勇委員長)は3月27日、「第31回自交労働学校」を自交会館で開き、東京地連道交法対策委員の矢部誠さんが道交法闘争について、大阪地連・庭和田書記長が白タク・ライドシェアの現状について講義を行いました。

 第1講義で講師を務めた矢部誠さんは、東都自動車労組の杉並支部長と同労組本部法対部長を20年にわたって務め、東京地連では北部ブロック選出の道交法対策委員として活躍。交通事故の現場を数多く経験し、現場検証の実践にも優れ、免許証と生活を守るための「加点入力停止の申し立て」「不起訴要請書」などにも精通している道交法のスペシャリストです。
 矢部さんは重大事故が発生した場合4〜5人で現場に行き、警察が行なった実況見分のためのチョーク痕をもとに現場見取り図を作成するといいます。「私の経験では、警察の見分調書は私たちに不利に働くものが多々ある」「現場では警察のものとは異なる、私たちに有利な証拠を見つけだすことが大変重要」として、血痕やスリップ痕を発見した結果、免許を守ることができた事例を紹介しました。
 また、免許取り消し、免停90日以上の場合に行われる聴聞について、「当日に弁明しても負ける」として、目撃者の証言や独自の現場検証結果など、こちらに有利な証拠を集めた上で、出頭日までに「加点入力停止の申し立て」や「不起訴要請書」を担当部署に提出しておくことが大事、と説きました。
 最後に矢部さんは「“お上に逆らっても勝てるわけがない、無駄なことはやめろ”って言われたこともありましたが、やれば組合員を救うことができる、なおかつ増やすことができるんです」と強調しました。

広範な人々と連帯
未来のために行動


 第2講義を行なった大阪地連・庭和田書記長は、滋賀県大津市(越直美市長)の特区提案(1)自家用自動車の活用(道路運送法の規制を緩和して、観光客を対象とした自家用有償運送を導入。民間事業者による乗車マッチングシステムの活用を検討)、(2)自動運転サービスの実施(道路交通法第70条を緩和、自動運転サービスを可能にし、交通空白地の交通手段を確保)を紹介。「私はこういう問題が維新の大阪府政、大阪市政からも出てくると考えている。大阪はすでに特区なので申請したら数か月で認められる」と警鐘を鳴らしました。
 さらに庭和田氏は、「規制緩和と、いまの規制撤廃の動きは、意味が全然ちがう」「規制撤廃は自交産業に取り返しのつかない結果をもたらす。運転者は労働者性が失われ、無権利状態に陥る」と指摘。「広範な人々との連帯構築がカギ。自交労働者一人ひとりが真剣に考え、子や孫のためにも行動しなければならない」と訴えました。