HOME  <  タクシートピックス

タクシートピックス

更新情報・ニュース

過去のタクシートピックスのトップへ

月別バックナンバー

2019年02月の記事

怒りの声をきけ―2・1自交総連統一行動
2019/02/15

怒りの声をきけ―2・1自交総連統一行動 ソフトバンク大阪オフィスが入る富国生命ビル前で「公共交通を破壊するな」とアピールする大阪・京都両地連のなかま

悪質事業者、白タク容認する行政、圧力強める巨大企業


 タクシーの規制緩和から丸17年となった2月1日、全国の自交総連統一行動として大阪地連(福井勇委員長)も、近畿運輸局前、ソフトバンク大阪オフィス前、大阪駅、南海なんば駅で労働条件改善、危険な白タク・ライドシェア合法化阻止を訴える宣伝に京都地連のなかまと取り組みました。

 近畿運輸局が入る合同庁舎4号館前(大阪市中央区)での宣伝でマイクを握った福井委員長は、「2002年の規制緩和でタクシー産業は惨憺(さんたん)たる状況に陥った。いまだに前近代的なやり方で労働者を食いものにする事業者が存在する」と述べ、事故の弁済金を運転者に全額負担させたり、クレジットカード手数料や各種機器使用料、車両使用料、大口契約の割引分までも運転者に負担させている事例を挙げ、「経営者として当たり前のコスト負担を労働者に押しつけ、徹底的に搾取しているのが実態だ」と訴えました。
 吉田副委員長は「“岩盤規制を取り払う”などと言ってシェアリングエコノミーを推進する安倍政権の下で、CREW(クルー)のような実質的な白タクにお墨付きを与えている。安全性や公共性に責任を持たない新興企業の金儲けのために、公共交通の規制を破壊し、市民を危険にさらす行為にほかならない」と経産省、国交省を批判しました。
 庭和田書記長は大阪で24年ぶりに行われる見通しの運賃改定について、「運改の目的は労働条件改善。先に行われた仙台のような低率改定にならないよう、人件費査定を適正に行なっていただきたい」「事業者がスライド賃下げなど運改の目的に反することを行わないよう、きちっと指導していただきたい」と近畿運輸局に向けてアピールしました。

バカなのはどっちだ

 なかまは続けてソフトバンク大阪オフィスが入る富国生命ビル前(大阪市北区)に移動。ソフトバンクグループ代表の孫正義氏は、日本で白タク・ライドシェアが禁止されていることについて“バカな国”との表現で批判し、解禁するよう圧力を強めています。海外のライドシェア企業にソフトバンクグループが出資した金額は1兆6500億円を超えています。
 福井委員長は「海外でレイプや殺人など事件が多発しているようなものに対し、反対することはバカなことなのか」「我々は孫氏がライドシェアを断念するまで、さまざまな形で抗議を続けざるを得ない」と語気を強め、市民に向けて運動への理解と協力を呼びかけました。

自交本部第41回中央委で19春闘方針決定
2019/02/05

自交本部第41回中央委で19春闘方針決定 あいさつする自交総連本部・高城委員長(1月23日、東京都文京区で)

政治変え白タク阻止


 自交総連本部(高城政利委員長)は1月23〜24日、「白タク合法化阻止 賃上げ、職場権利の確立 19春闘」をスローガンに第41回中央委員会を東京都文京区で開き、「白タク=ライドシェアの危険性を明らかにして、世論へのいっそうの働きかけをつよめる」などとする2019年春闘方針を全会一致の賛成で決定しました。

 あいさつを行なった高城委員長は、「10月に予定されている消費税増税によって暮らしと経済は破たんしてしまう。消費税増税は中止すべき」「国民の暮らしと命を守る、国民本位の政治に転換するためにも安倍政権を打倒しなければならない」と強調。
 さらに同委員長は「安倍首相の諮問機関である規制改革推進会議や未来投資会議でライドシェア合法化に向けた議論が顕著」「内閣府と経産省が一体となって、生産性向上の名の下にグレーゾーン解消制度や、規制のサンドボックス制度で地域公共交通を破壊し、国民を危険にさらそうとしている」と指摘。「ライドシェア阻止のたたかいにおいても安倍政権を打倒することが一番の近道」として、「統一地方選挙と参議院選挙は日本の命運を分けるたたかい。2つの選挙を一体的に労働組合として取り組むことが重要」と訴えました。

3月7日に「中央行動」

 議案提案を行なった菊池和彦書記長は「白タク合法化を阻止しなければ、タクシー会社はつぶれてしまう。タクシー労働者は失業してしまう。賃上げや労働条件改善の意味がなくなってしまう」と警鐘を鳴らすとともに、「多くの人の目を引くアピールが必要」として3月7日に「中央行動」を実施、大阪地連からも宣伝カーが参加することを紹介しました。
 また19春闘について同書記長は「春闘で会社に要求を提出し、交渉しなければ労働組合の意味がない」と述べ、タクシー労働者の年収が全産業平均より200万円以上も下回っている現状を紹介。「年収格差を縮めるための努力を経営者に要求していくことが春闘の原点になる」と力説。さらに「すべてのたたかいの勝敗を決するのは数の力」として組織拡大の必要性を訴えました。